*★幻のポケモンゲットチャレンジ開催中★*

【レビュー】HORI製クラシックコントローラー for Nintendo Switch ピカチュウ

3 min 65 views

概要

商品名:ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch ピカチュウ
型番:NSW-109
発売日:2018/10/5

ポケモンデザインの他、ゼルダデザイン・マリオデザインがあります。

株式会社HORI 公式ホームページより

公式HP上では以下の注意書きがあります。

※本品はNintendo Switch ドックに接続してご使用ください。Nintendo Switch本体には接続できません。
※任天堂純正のJoy-ConやNintendo Switch Proコントローラーとはボタン配置が異なりますので、ゲームによっては遊びにくい場合がございます。
※本品は以下の機能を搭載しておりません。これらの機能を使用するゲームでは快適にプレイすることができません。
・ジャイロセンサー ・モーションIRカメラ ・加速度センサー ・プレイヤーランプ ・HD振動・おしらせランプ ・NFC(近距離無線通信)

株式会社HORI 公式ホームページより

大きさはプロコンと同じくらいです。

購入のきっかけ

すでに純正のプロコンを持っているのですが、ポケモン用とは別のSwitchにペアリングされていて、ポケモンをするときにいちいちペアリングをするのが面倒でした。

また、手持ちのUSBケーブルが短く、Switchのドックに接続・充電をしながら長時間プレイできない自らのプレイ環境に不満がありました。

ポケモンをTVモードでプレイするときに快適に操作したいなと考え、コントローラーを追加で購入することにしました。

Switchのコントローラーはサードパーティ製のものがたくさん発売されていますが、以下の3点に注目して探しました。

  1. 充電を気にしなくてよい
  2. 有線なら線が長め
  3. できればポケモンのデザイン

③の条件で選択肢はかなり狭まるのですが、ホリ製のクラシックコントローラーが要望とマッチしました。

ゲームキューブコントローラーと形状が似ていますが、ホームボタンやカメラボタンがついています。

便利なところ・気に入っている点

ボタン配置が逆になっている

最初は高頻度で押し間違いが発生し、「失敗したかな?」と思いましたが、慣れてくるとミスはなくなります。

かえってZLの決定ボタンが人差し指で操作ができるようになり、たまごの孵化作業やトーナメント周回、対戦など片手で操作がしやすく感じました。

連射ボタン

購入当初は使っていませんでしたが、使ってみるととても便利でした。

ポケモンでは下記のような作業を放置することができます。

  • ワット掘り・・・よろいじまにいるヨロイこうせきでワットを掘ってくれる人
  • 穴掘り・・・ワイルドエリアにいるワットで「きちょうなおたから」を掘ってくれる人
  • ドーピングアイテム購入・・・ヨロイじまのマスター道場を拡張して設置される自動販売機
  • トレーナー対戦で同じ技を連発
  • 番外:どうぶつの森で流れ星のおいのり
連射機能の使い方
  • 連射ボタンを押しながら、連射したいボタンを押します。
  • 一度行うと、自分でボタンを押している間連射するようになります。連射中はターボLEDが点滅します。
  • 二度行うと、該当のボタンを押していなくても連射するようになります。(放置したい場合はこちら。)連射中はターボLEDが点滅します。
  • 三度行うと、ターボLEDが消灯し、連射機能がオフになります。

持ち手部分がザラザラしている

持ち手部分がザラザラしていて、すべらず長時間プレイがしやすいです。

また、プロコンにくらべて、薬指あたりで握る部分から持ち手が出ているため、握り込みやすいです。

背面がスケルトン

正面からの写真しか見ずに購入してしまったので、箱から出したときに初めて気が付きましたが、背面がスケルトンです。

中身が透けているところは、ゲームボーイカラーやゲームボーイアドバンスを思い出して懐かしくなりました。

任天堂公式HPより。右2つがスケルトンカラーです。

向かない人・困ったところ

ボタン配置が逆になっている

いいところではあると感じていますが、TVモードと携帯モードを切り替えて遊ぶときにどうしても押し間違ってしまいます。

最初の何回か押し間違えるので、ストレスに感じる人もいると思います。TVモードと携帯モードをよく切り替えて遊ぶ人には向かないかもしれません。

※ボタン配置は切り替えられます。

L/R、ZL/ZRボタンの切り替え方

ZLボタンとZRボタンを同時押ししながらコントローラーのUSBプラグをNintendo SwitchドックのUSB端子へ接続します。

TURBO LEDが赤色に点灯し、ボタン配置が切り替わります。

もとに戻したい時はもう一度同じ操作を行います。

ジャイロセンサーやHD振動などの機能が省かれている

ジャイロセンサーがついていないので、遊べるソフトを選びます。スプラトゥーンなどは遊べません。

連射ボタンの反応が悪い時がある

ごくまれに、連射ボタンが反応しなくなることがあります。(ずっと連射状態になってしまう。)

Switch、コンローラーどちらでもいいので、ドックから抜いて再度接続し直すと解消します。

GCコンやプロコンとの比較

ゲームキューブコントローラー(GCコン)にはホームボタンやカメラボタンが付いていませんが、これにはついています。

色違いが産まれた瞬間やランクマッチで上位になった瞬間を撮り逃すことはなく、スムーズにTwitterに投稿できます!

また、公式HPの注意書きで”Nintendo Switch本体には接続できません。”と記載がありますが、下記のようなUSB-A→Cの変換ケーブルを使用すると携帯モード・テーブルモードでも使用可能です。

各コントローラー比較クラコンプロコンGCコン
重量約230g約246g約270g
無線・有線有線(3m)切替可能有線(3m)
ホームボタンありありなし
カメラボタンありありなし
ジャイロセンサーなしなしなし
モーションIRカメラ、加速度センサー、HD振動等なしすべてありなし
メーカー希望定価(税込)3,278円7,678円2,200円

こんな人におすすめ!

HORI製クラシックコントローラーはこんな人におすすめです!

  • 長時間ゲームをプレイする人
  • TVモードでよくSwitchをプレイする人
  • 連打をする場面があるゲームをプレイしている人
  • ポケモンに囲まれてゲームをプレイしたい人

充電を気にせず、長時間ゲームをプレイするのにうってつけのコントローラーだと思います。

連射機能もついていて、ゲーム中の作業もラクラク!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です