【ポケモン】歴代600族ポケモン一覧まとめ

7 min 150 views

600族とは

600族とは

種族値の合計が600になる、一般ポケモンの総称で、ポケモン公式の用語ではない。(種族値も公式の用語ではない。)

一般ポケモン最高峰の種族値を誇る強いポケモンたちのこと。

幻・伝説・準伝説やメガシンカポケモンは600族に含まれない。
ケッキングなど合計種族値が600を超えるポケモンもいるが特性などでデメリットがあり、除外される。

ポケモン公式では、「大器晩成」(Late Bloomers)シリーズとして2019年に商品化されたことがある。

特徴

多くの600族は以下のような特徴がある。

  • 2進化ポケモンの最終進化
  • レベルアップに必要な経験値が多い
  • 種族値の合計が600

なお海外これらの条件を満たすポケモンをPseudo-legendary Pokémon(疑似伝説ポケモン)と呼びグルーピングしている。こちらも公式の用語ではない。

日本ではブリジュラスは種族値が600となる一般ポケモンのため、600族に含めているが、アイテム進化の1進化ポケモンで、レベルアップに必要な経験値も多いタイプではないためPseudo-legendary Pokémonには含まれていない。

一般ポケモン最高峰の種族値であるため大変強力だが、レベルアップのスピードが遅いので、ストーリー攻略中には手にすることが難しく、また、未進化状態では能力値が低いため対戦でも活躍しにくい。

また、第6世代以降に登場する600族は専用技を持っていることがある。

あかブロス

あかブロス

ブリジュラスはなんか納得がいかないけど、ポケモンにおいて新世代の600族なんだって無理やり納得することにしている!

対人戦でも活躍しているし!

種族値について

種族値はHP-こうげき-ぼうぎょ-とくこう-とくぼう-すばやさの順番にHABCDSと表示します。

第一世代

カイリュー

初登場ソフト赤・緑
種族値H91
A134
B95
C100
D100
S70
進化ミニリュウ
ハクリュー
レベル30
カイリュー
レベル55
タイプドラゴンドラゴンドラゴン
ひこう
特性
(隠れ特性)
だっぴ
(ふしぎなうろこ)
だっぴ
(ふしぎなうろこ)
せいしんりょく
(マルチスケイル)

600族という呼ばれ方がないときからの600族で、第一世代では「とくこう」と「とくぼう」が「とくしゅ」として1つのステータスだったため合計種族値は500だった。

第五世代で実装した隠れ特性で「マルチスケイル」を獲得。

第二世代

バンギラス

初登場ソフト金・銀
種族値H100
A1344
B110
C95
D100
S61
進化ヨーギラス
サナギラス
レベル30
バンギラス
レベル55
タイプいわ
じめん
いわ
じめん
いわ
あく
特性こんじょう
(すながくれ)
だっぴ
(だっぴ)
すなおこし
(きんちょうかん)

BW2に登場した、映画を作る場所のポケウッドムービースタジオでバンギラスがフィーチャーされたシナリオが用意されている。

メガバンギラス

見た目
タイプいわ
あく
特性すなおこし
種族値H100
A164
B150
C95
D120
S71
(合計700)

テツノイバラ

見た目
タイプいわ
でんき
特性クォークチャージ
種族値H100
A134
B110
C70
D74
S72
(合計570)

10億年後のバンギラスと怪しい雑誌が取り上げていたポケモンに似た部分がある。

スカーレット 図鑑説明文

バイオレットで読める、グレープアカデミーにでよめる『月刊オーカルチャー』6月号では、バンギラスとの類似性が指摘されている。

第三世代

第三世代は同じタイミングで600族のポケモンが2種類実装されている。

ボーマンダ

初登場ルビー・サファイア
種族値H95
A135
B80
C110
D80
S100
進化タツベイ

コモルー
レベル30
ボーマンダ
レベル50
タイプドラゴンドラゴンドラゴン
ひこう
特性いしあたま
(ちからづく)
いしあたま
(ぼうじん)
いかく
(じしんかじょう)

優秀な特性「いかく」や物理・特殊どちらでも強力な種族値および技により、特にダブルバトルにおいてより活躍の場があり、WCSゲーム部門第一回目のWCS2009で優勝パーティに入っている。

メガボーマンダ

見た目
タイプドラゴン
ひこう
特性スカイスキン
種族値H95
A145
B130
C120
D90
S120
(合計700)

メガシンカはORASで追加された組。「血に濡れた三日月」という別名を付けられている。

WCS2018マスターカテゴリ、JCS2018は全カテゴリでメガボーマンダ入のパーティが優勝している。
GSルール(禁止伝説ポケモンが2匹入れられるルール)で行われたWCS2019においても優勝・準優勝のパーティに入っている。

トドロクツキ

見た目
タイプドラゴン
あく
特性こだいかっせい
種族値H105
A139
B71
C55
D101
S119
(合計590)

怪しい雑誌の記事によるとある地方で起こる現象に関連するポケモンらしい。

バイオレット 図鑑説明文

スカーレットで読める、コサジの灯台の研究室にある『月刊オーカルチャー』4月号では、メガボーマンダとの類似性が指摘されている。

メタグロス

初登場世代ルビー・サファイア
種族値H80
A135
B130
C95
D90
S70
進化ダンバル
メタング
レベル20
メタグロス
レベル45
タイプはがね
エスパー
はがね
エスパー
はがね
エスパー
特性クリアボディ
(ライトメタル)
クリアボディ
(ライトメタル)
クリアボディ
(ライトメタル)

DPでのダンバルの入手方法はポケモンリーグ制覇後にダイゴからタマゴをもらうしかない。厳選する場合も性別不明のためメタモンを使わないといけなかった。

600族のなかで性別不明な唯一のポケモン。

メガメタグロス

見た目
タイプはがね
エスパー
特性かたいツメ
種族値H80
A145
B150
C105
D110
S110
(合計700)

第四世代

ガブリアス

初登場ダイヤモンド・パール
種族値H108
A130
B95
C80
D85
S102
進化フカマル
ガバイト
レベル24
ガブリアス
レベル48
タイプドラゴン
じめん
ドラゴン
じめん
ドラゴン
じめん
特性すながくれ
(さめはだ)
すながくれ
(さめはだ)
すながくれ
(さめはだ)

プラチナでは序盤でフカマルを捕まえることができ、進化レベルも比較的低めなので、ストーリー中に活躍ができるかもしれない。

最も美しい種族値と評される種族値配分をしており、特にシングルバトルにおいて初登場の第四世代の対戦環境から猛威を振るっている。

第六世代のシングルバトルにおいてはランクマッチにおけるすべてのシーズンで使用率1位を記録。ドラゴンタイプに有利なフェアリータイプが登場した世代であるが、それに負けずにポケモン対戦における「主人公」の名にふさわしい活躍だった。

メガガブリアス

見た目
タイプドラゴン
じめん
特性すなのちから
種族値H108
A170
B115
C120
D95
S92
(合計700)

第五世代

サザンドラ

初登場ブラック・ホワイト
種族値H92
A105
B90
C125
D90
S98
進化モノズ
ジヘッド
レベル50
サザンドラ
レベル64
タイプあく
ドラゴン
あく
ドラゴン
あく
ドラゴン
特性はりきりはりきりふゆう

600族のみならず、ポケモンの中で最も最終進化のレベルが高い。

唯一隠れ特性がない。

テツノコウベ

見た目
タイプあく
ひこう
特性クォークチャージ
種族値H94
A80
B86
C122
D80
S108
(合計570)

ロボットに恋したサザンドラの子どもとオカルト雑誌が取り上げたポケモンに似ている。

スカーレット 図鑑説明文

第六世代

ヌメルゴン

初登場X・Y
種族値H90
A100
B70
C110
D150
S80
進化ヌメラ
ヌメイル
レベル40
ヌメルゴン
レベル50※雨か霧状態の時
タイプドラゴンドラゴンドラゴン
特性そうしょく
うるおいボディ
(ぬめぬめ)
そうしょく
うるおいボディ
(ぬめぬめ)
そうしょく
うるおいボディ
(ぬめぬめ)

レベル以外の進化条件があり、「全然進化しないよ・・・」と思ったトレーナーも多いのではないだろうか。

600族で唯一単タイプのポケモンで、リージョンフォームがあるポケモン。

第七世代

ジャラランガ

初登場世代第七世代
サン・ムーン
種族値H75
A110
B125
C100
D105
S85
進化ジャラコ
ジャランゴ
レベル35
ジャラランガ
レベル45
タイプドラゴンドラゴン
かくとう
ドラゴン
かくとう
特性ぼうだん
ぼうおん
(ぼうじん)
ぼうだん
ぼうおん
(ぼうじん)
ぼうだん
ぼうおん
(ぼうじん)

Zワザを含めると専用技を3つ持っている。

専用技「スケイルノイズ}

タイプドラゴン
分類とくしゅ
威力100
命中100
PP10
追加効果攻撃後自分のぼうぎょランクが1段階さがる
その他音系の全体技

専用Z「ブレイジングソウルビート」

ジャラランガZをもたせるとZワザで繰り出すことができる。

タイプドラゴン
分類とくしゅ
威力185
命中必中
PP1
追加効果攻撃後こうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼう・すばやさランクが1段階ずつ上がる
その他音系の全体技

専用技「ソウルビート」

第八世代で登場した専用技。Zワザであるブレイジングソウルビートを通常技にしたような性能となっている。

タイプドラゴン
分類とくしゅ
威力
命中100
PP10
追加効果こうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼう・すばやさを1段階ずつ上げる。
HPが最大HPの1/3減少する。
その他音系の技

第八世代

剣盾で新規、Pokémon LEGENS アルセウスでリージョンフォルムでの追加。

ドラパルト

初登場世代第八世代
ソード・シールド
種族値H88
A120
B75
C100
D75
S142
進化ドラメシヤ
ドロンチ
レベル50
ドラパルト
レベル60
タイプドラゴン
ゴースト
ドラゴン
ゴースト
ドラゴン
ゴースト
特性クリアボディ
すりぬけ
(のろわれボディ)
クリアボディ
すりぬけ
(のろわれボディ)
クリアボディ
すりぬけ
(のろわれボディ)

2020年のPokémonDayの企画で行われた「ポケモンオブ・ザ・イヤー」の投票において、第八世代で得票数1位を獲得。全体を通しても11位だった。

600族で最も高いすばやさ種族値をもち、こうげきも高く覚える技も多彩。

剣盾のシーズン6までシングルバトル使用率1位だった。とくこうも低いわけではなく、高火力の技を覚えるため、様々な型が考えられた。

専用技「ドラゴンアロー」

タイプドラゴン
分類ぶつり
威力50
命中100
PP10
追加効果1ターンに2回攻撃する。
相手が2匹いる場合はそれぞれに1回ずつ攻撃し、まもるやタイプ相性によりダメージを与えられない場合は片方に2回攻撃する。
その他

ヌメルゴン(ヒスイのすがた)

初登場世代第八世代
Pokémon LEGENS アルセウス
種族値H80
A100
B100
C110
D150
S60
進化ヌメラ
ヌメイル(ヒスイ)
レベル40
ヌメルゴン(ヒスイ)
レベル50※雨が降っているところ
タイプドラゴンはがね
ドラゴン
はがね
ドラゴン
特性そうしょく
うるおいボディ
ぬめぬめ
そうしょく
シェルアーマー
ぬめぬめ
そうしょく
シェルアーマー
ぬめぬめ

600族唯一のリージョンフォーム。

ヌメラ→ヒスイヌメイルにはヒスイ地方(Pokémon LEGENS アルセウス)のみでしか進化ができないが、ヒスイヌメイル→ヒスイヌメルゴンはどの地方でも進化可能。

専用技「たてこもる」

タイプはがね
分類変化
威力
命中
PP10
追加効果自分のぼうぎょランクを2段階上昇する。
その他

第九世代

SV本編で1種類、DLCで過去登場ポケモンの進化実装で1種類追加された。

セグレイブ

初登場世代第九世代
スカーレット・バイオレット
種族値H115
A145
B92
C75
D86
S87
進化セビエ
セゴール
レベル35
セグレイブ
レベル54
タイプドラゴン
こおり
ドラゴン
こおり
ドラゴン
こおり
特性ねつこうかん
(アイスボディ)
ねつこうかん
(アイスボディ)
ねつこうかん
(アイスボディ)

専用とくせい「ねつこうかん」

ほのおタイプのわざを受けると、こうげきランクが1段階上がる。またやけど状態にならない

専用技きょけんとつげき

タイプドラゴン
分類ぶつり
威力120
命中100
PP5
追加効果次のターン、相手から自分へのこうげきが必ず命中し、受けるダメージが2倍になる。
その他

ブリジュラス

初登場世代第九世代
スカーレット・バイオレット
ゼロの秘宝【後編 藍の円盤】
種族値H90
A105
B130
C125
D65
S85
進化ジュラルドン
ブリジュラス
ふくごうきんぞくを使う
タイプはがね
ドラゴン
はがね
ドラゴン
特性ライトメタル
ヘヴィメタル
(すじがねいり)
じきゅうりょく
がんじょう
(すじがねいり)

600族で初めてのアイテムによる進化をする。また別世代で進化が追加された。

技を繰り出す姿は四つん這いになり橋のような見た目になる。なお、ブリジュラスが追加がされた「藍の円盤」の舞台はイッシュ地方であり、イッシュ地方は複数の橋がかかっていることが印象的だった。

専用技「エレクトロビーム」

タイプでんき
分類とくしゅ
威力130
命中100
PP10
追加効果1ターン目にとくこうランクを1段階上げ、2ターン目にこうげき。天候があめのときは1ターンためずに攻撃できる。
その他

キョダイジュラルドン

見た目
キョダイマックスわざキョダイゲンスイ
タイプドラゴン
分類
威力
命中必中
PP
効果相手全体の最後に使った技のPPを2ずつ減らす。

キョダイマックスすると超高層ビルのような姿に変化する。

これ以外に種族値が600となるポケモン

伝説・幻のポケモン

ミュウ
セレビィ
ラティアス

ラティオス
ジラーチ
デオキシス
ヒードラン
マナフィ
ダークライ
シェイミ
ビクティニ
ランドロス
メロエッタ
ゲノセクト
ジガルデ50%
ディアンシー
フーパ(いましめ)
ボルケニオン
ネクロズマ(通常)
マギアナ
マーシャドー
ゼラオラ
メルメタル
ザルード
テラパゴス
モモワロウ

メガシンカ

メガゲンガー
メガカイロス
メガハッサム
メガヘラクロス
メガヘルガー

その他歴代まとめ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です