BW プレイ記

【プレイ記】ポケモンストーリーをクリアする【BW編その4】

ジェットバッジを手に入れた前回のあらすじはこちら

ストーリー進捗

ネジ山へ

フウロを倒したあと、タワーオブヘブンの手前を右に曲がってネジ山に向かいます
途中、母からライブキャスターがかかってきて、このあともポケモンと一緒だから大丈夫よみたいなことをいわれます。
お母さんもその昔ポケモントレーナーをしていたようですね。

ネジ山前でもチェレンが挑んできます
「同じジェットバッジを持つ者同士 どちらが強いか確かめる!」
そういえばプラチナではライバルはせっかちな性格もあり、ジムの攻略は主人公の一歩前を行ってましたが、
今回のライバル的な存在のチェレンたちは主人公を追いかけてくるパターンです

チャンピオンになればそれが存在理由になる
生きている証がほしい
そうです。なんかこじらせてますね、中二病でしょうか。
自分をみんなに認めてもらいたいそうです。

ここで唐突にアデクになみのりのひでんマシンをもらいました
少し戻ってフキヨセのほらあなにいき、キバゴを捕まえます!
ほらあなの奥に進むにはフラッシュとかいりきが必要ですが、入ったところで出現します

そういえば今回ひでんマシンを全然使っていませんが、使わなくてもストーリークリアできるのかな?

ネジ山に入るとヤーコンに会います
プラズマ団が雲隠れして、各地のジムリーダーも頭を悩ませているようです。

そのキッズがプラズマ団退治に一役買ってるんですけどね!
ちなみにネジ山はヤーコンの山のようです。ここでも鉱山王してるんですね、アメリカンドリームを感じます。

ネジ山を抜けると、セッカシティに到着
到着するやいなや、アララギ博士(父)に会います。
リュウラセンの塔があり、伝説のドラゴンポケモンがいるのたけど、
誰もいない塔だからよく知られていないんだ
というお話をききます

セッカジム

ジムリーダーはハチク事前情報がないのでどんな人なんだろうか
こおりポケモンを使用してきましたが、我らがエンブオーの前になすすべなく、
絡みも薄いジムリーダーとしてバッジを主人公に渡すのだった・・・

ストーカー再来

ジムをでるとチェレンとベルが主人公に会いに来ますが、
そこにはダークトリニティ(暗黒微笑)も隠れていました。

これを見破ったハチクは只者ではない・・・

ゲーチスの伝言でリュウラセンの塔に向かえとのこと
人の立ち入りがない場所にプラズマ団がすでに侵入しているということで、
ハチクとチェレンは急いで塔の中へ。ベルは塔の前にいたアララギ博士(父)のボディガードをします。

展開が進むリュウラセンの塔

主人公も中にはいると・・・
プラズマ団員が大量に待ち構えていて、
チェレン「ここは俺たちに任せろ!お前は先に上にいけ!」
ハチク「絶対後で追いつくからな!!」
的な展開を経て、さらに執拗なまでの連戦を仕掛けてくるプラズマ団を経て、
ようやくたどり着いた屋上ではNと伝説のポケモンゼクロムが待ち構えていました。
ゼクロムと一緒にイッシュチャンピオンを倒すことでポケモンとトレーナーを引き離し、
ポケモンの解放をするようです。
Nは主人公にゼクロムと対になるポケモンのレシラムを探して追いかけてこいと言います。

塔を出ると、アデクが登場しレシラムがいるであろう古代の城に向かうことになります。
ここでチェレンが自分の強さはポケモンからもらったものだったことに気が付き、
さんざんいがみ合っていたアデクに「さあ、行きましょう、チャンピオン!」なんて調子のいいことを言って
先に古代の城に向かってしまいます。
(一気に進めてしまって画像がありません。。。)

ジムバッジもあとひとつ、ストーリーが終盤であることを実感しながら先に進みます!

よりみちとひでんマシン

今回、ストーリーを進めていくにあたって、よりみちをほとんどしていません。
理由は、ソードシールドの発売までに第7世代までのストーリーをクリアするのが終わらなそうだからです。
よりみちに必須なのがひでんマシンですが、
いまのところ使ったのが、アデクになみのりのひでんマシンをもらったあと、
キバゴを捕まえるためにフキヨセの洞穴にもどったくらいです。

ひでんわざを使わなくてもよりみちはともかく、ストーリーも順調に進んでいきます。
実はBWではストーリークリアにひでんわざは使わなくてもいいようになっています。
ジムに挑戦するためにいあいぎりのひでんわざは不要なんです。(初代のクチバシティ)

にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ

-BW, プレイ記

© 2020 ポケブロス