ポケモン博士の研究まとめ

5 min 579 views

各地方博士の研究内容・実績まとめ

ポケモンでは、冒険を始める時、冒険の途中、図鑑の評価、あらゆるところで博士の手助けを受けながら冒険を進めていきます。

それぞれの博士の研究がポケモン界で影響のあるものが多かったので研究内容や業績をまとめてみました。

カントー地方

オーキド博士

研究テーマは「タイプによるポケモンの分類」

ポケモン研究者界の権威で第一人者。

20歳の時に著書『携帯獣研究序説』を発表・評価され、25歳でタマムシ大学名誉教授となったそう。ちなみに名誉教授は称号であるため、名誉教授というだけでは大学教員としての身分は保証されません。

ただし、1996年にアスペクト社から出版された「ポケットモンスター図鑑」によると、タマムシ大学理学部卒業後、同大学院生物学教室研究員を経て、現在はタマムシ大学携帯獣学部教授だそうです。

過去に自身もポケモンずかんを完成させるべく旅をしており、カントーの四天王のキクコと良いライバル関係であったことがわかります。

マサラタウンで自身の研究所を構えてそちらでも研究を続けています。

「オーキド博士のポケモン講座」というラジオ番組を持っています。

ジョウト地方

ウツギ博士

研究テーマは「ポケモンの進化について」

ポケモンの進化に関する研究分野の権威。タマゴに関しての研究や、ポケモンの連れ歩きに関しても研究しています。

ピカチュウがすでに進化したポケモンであることをつき止め、進化前の姿であるピチューの存在を発見しました。

ポケモン孵化にあたって誰もが調べたことがあるタマゴグループもウツギ博士によるものです。

ワカバタウンに研究所を構えており、助手が一人います。家族構成は妻と幼い子供が一人ずつです。

ホウエン地方

オダマキ博士

研究テーマは「ポケモンの生態と分布について」

フィールドワークを好み、研究所にいないことも多く、研究に熱中しすぎてポケモンに追いかけ回される姿をよく見ます。

第3世代の主人公の父親であるセンリとは大学時代からの友人です

ミシロタウンに研究所を構えています。

オメガルビー・アルファサファイアでは、イッシュ地方やジョウト地方(HGSS)などと同様、ストーリークリア後に別地方のポケモンが野生で出現するようになります。

この現象について他作品ではこれまでこれといった説明されませんでしたが、ORASにおいてはオダマキ博士が「ゲンシカイキしたポケモンがパワーを解放したために自然のエネルギーが満ち、過去にホウエン地方から絶滅したポケモンが再び生息するようになった」と推測しています。

シンオウ地方

ナナカマド博士

研究テーマは「ポケモンが遂げる進化について」

ポケモンの進化の研究に関する権威。「ポケモンの90%は進化する」という説を唱えています。

ガラル地方まで登場しているポケモンのうち、進化する割合は84%とのことです。今後のポケモン研究によってナナカマド博士の説が実証されるか楽しみです。

ミシロタウンに研究所を構えています。

ポケモン博士の中では年長者ということもあり教え子も多く、オーキド博士はナナカマド博士の後輩で、プラターヌ博士は教え子です。

ナナカマドと同じくシンオウ地方で登場したシロナも教え子であり、シロナは考古学者としても活動中です。

大のあま党で、常に冷蔵庫の中にはあまいものがたくさんストックされていて、いかりまんじゅうが好物です。

イッシュ地方

アララギ博士

研究テーマは「ポケモンという生物の起源について」

カノコタウンに研究所を構え、主人公・ベル・チェレンにポケモン図鑑を預けます。

フィールドワークはベルと共同して行うこともあり、BW2ではベルを正式に助手として迎えています。

アララギ博士のパパは有名な博士だそうで、作中にも登場します。主に考古学の研究をしており、研究テーマは「ポケモンの分布と生態」。ゼクロムやレシラムなどの伝説のポケモンを調査したりしています。

アララギパパとは、シナリオ中ではリュウラセンのとうで出くわします。シンオウ地方のハクタイシティの名物である「もりのヨウカン」を貰えますが、シンオウ地方にゆかりがあるかは不明です。

また、同じようにポケモンの分布と生態を研究しているオダマキ博士と関連があるかも不明。

カロス地方

プラターヌ博士

研究テーマ「進化と変化について」

カロス地方でしかみることができないメガシンカ研究の第一人者。(ORASではホウエン地方でもメガシンカができる。それどころか、カロス地方で新しく登場したポケモンのうちメガシンカするポケモンはディアンシーだけ。

大都会「ミアレシティ」に3階建ての豪華な研究所を構えるイケメン博士。主人公の母親にいきなり手紙を送りつけます。

主人公にバトルを仕掛けてくる珍しい博士その①,

恩師はナナカマド博士で、シンオウ地方チャンピオンのシロナの兄弟子にあたります。

アローラ地方

ククイ博士

研究テーマ「ポケモンの技について」

アローラ地方ではZ技も登場するため、その研究も行っています。自ら技をうけることも多く、オーキド博士と通ずるものがあります。

自宅内でイワンコの技を豪快に受ける描写があるが、部屋の中はとてもきれいで、外観のみボロボロになっていきます。

ロイヤルマスクというプロレスラーとしても活躍中で、正体は明かしていません。

BW2と連携する3DSソフトの「ARサーチャー」に登場するバーネット博士とは夫婦です。ちなみにバーネットはイッシュ地方に住むマコモと友人です。

アローラ地方にリーグを創設するためにカントー地方などに調査にでかけ、リーグができた際には自らチャンピオン枠として登場します。

主人公にバトルを仕掛けてくる珍しい博士その②。

ガラル地方

マグノリア博士→ソニア博士

研究テーマは「ダイマックス現象について」。

マグノリア博士はダイマックスを促す『ガラル粒子』を発見しました。

特定のパワースポットから放出される赤い光に含まれる成分のことで、「ねがいぼし」と呼ばれる隕石にも含まれているそうです

ソニアは当初マグノリアの助手として研究活動をしていましたが、作中にガラルの伝説に関しての著書を出し、その後博士と認められることになります。

マグノリア博士は高齢で研究所からあまり遠出しないため、フィールドワークはソニアに任せていたり、作中のアドバイス等もソニアが行います。

昔はダンテとともにジムチャレンジに挑んでいて、自室には銀のトロフィーが飾ってあります。

ポケモンの世界の博士とは

これまで紹介した博士たちはそれぞれの研究所を持ち、助手を雇用しているような描写があります。
個人名の研究所なので、国の機関ではなく基本的には個人で設立した研究所と思われます。

オーキド博士やソニアは著書を出版している描写があったり、オーキド博士についてはラジオの出演もありますので収入源はいくつかあるようです。
凄腕トレーナー(だった)という側面もあるので、資金は野生のトレーナーから巻き上げたものかもしれませんね。

ちなみに、日本における研究組織は基本的には大学で、呼称は「先生」。
※理化学研究所などの国関連の研究組織もありますが。

これは、修士号博士号の学位によるものではなく、雇用されている身分によるもので、単に研究員として雇用されていれば、特に先生とは呼ばれません。

研究者だからといって「〇〇博士」と呼ばれることはありませんので、子供の間で「はかせ!」と呼ばれているような、その分野に対して特化して知識・知見を有している人に対してつける愛称のようなものでしょうか。

オーキド博士も自己紹介の時に「みんなから、オーキド博士と呼ばれているよ」といっていますので、近所でポケモンの研究をしている博識な・変な人という感じでしょうか?

あかブロス

あかブロス

ワイもポケモン博士か!

年中ポケモンやってるもんな!

みどブロス

みどブロス

「博士」と呼ばれていない研究者

研究者でも「博士」と呼ばれない人もいます。研究所にいる人達が該当しますが、研究者の中でも類稀なる業績を上げている人がいます。

  • マコモ→ゲームシンクを開発。ポケモンの夢を研究するもので、学会を騒がせた。
  • シロナ→シンオウチャンピオンとして有名だが、本業は研究者である。考古学が専門で、他の地方にフィールドワークに行くこともある。
  • ナリヤオーキド→アローラ地方に登場。リージョンフォルムについて研究している。カントーのオーキド博士とはいとこ。
  • ダイオーキド→ポケモンHOMEに登場。
  • ウカッツ→ガラル地方の化石をウカツに復元。
  • アズサ→3DSソフトのポケバンク、GCソフトのポケモンボックスに登場。ホウエン地方のポケモン預かりシステムの管理人であるマユミとは姉妹。
  • ニシノモリ教授→カントー地方のタマムシ大学の教授。進化という考え方を使って、別種として扱われていたポケモンを同じ仲間であることを説明した。この研究により評価され、世界的にポケモン研究を加速させる。「ポケモン学の祖」としても知られている。
    モンスターボールも教授の研究活動の成果を元に開発された。
  • フジ老人→グレンタウンのポケモン屋敷の持ち主で、遺伝子に関する研究をしていた。現在はシオンタウン在住。
  • カツラ→グレンタウンのジムリーダー。フジ老人と古くから親交がある。グレンタウンにポケモン研究所ができる前から住んでいる。
  • ウィロー博士→ポケモンGOに登場するナビゲーター。自分のことを「ウィロー博士」と自称する。過去にオーキド博士の助手をしていたことがある。研究テーマは「ポケモンの生態と分布」。

関連リンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です