【ポケモン】親子(親族)キャラクターまとめ

6 min 8,228 views
おいブロス

おいブロス

ボクらポケモンだいすき親子!

ポケ・・・ファミリー!?

みどブロス

みどブロス

と、いうことでこれまでのポケモン本編において主要キャラクターとして登場した親子(家族)キャラクターをまとめてみました。

あかブロス

あかブロス

ここにいないよ!って親子がいたらコメントで教えて下さい!

兄弟・姉妹はこちら

カントー地方

オーキド博士・グリーン(孫)

登場シリーズオーキド博士グリーン
RGBY、FRLG、ピカブイなど

ふたりとも初登場は赤緑。オーキドの孫がグリーン。

第一世代のバージョンではライバルの名前を自分で決める展開の関係上、オーキド博士は孫の名前を忘れてしまい名前を尋ねるという描写となる。

ちなみにグリーンには姉がいる。

キョウ・アンズ(親子)

登場シリーズキョウアンズ
RGBY、FRLG、GSC、HGSSなど

赤緑・FRLGでは、キョウはセキチクシティのジムリーダーで自宅にアンズがいる。(アンズもどくポケモンと修行中とのこと)

金銀・HGSSではその3年後で、キョウはポケモンリーグ四天王でアンズはセキチクシティのジムリーダーを継いでいる。

ジョウト地方

サカキ・シルバー(親子)

登場シリーズサカキシルバー
(サカキ)RGBY、FRLG、HGSS、ピカブイなど
(シルバー)GSC、HGSS

サカキの初登場は赤緑。
シルバーは金銀のライバルとして登場。

親子について初めて語られたのがFRLGの5のしまでロケット団員が「サカキには赤い髪の息子がいる」という話をする。HGSSのセレビィときわたりイベントにて、親子であることが明らかにされた。

リメイクで設定が深掘りされた形となっている。

ワタル・イブキ(いとこ)

登場シリーズワタルイブキ
RGBY、GSC、FRLG、HGSS、ピカブイなど

ワタルは赤緑のときはセキエイポケモンリーグの四天王、金銀のときはポケモンリーグのチャンピオン。イブキはフスベシティのジムリーダー。

フスベシティにはドラゴンつかいの一族が住んでおり、ふたりともその末裔で長老の孫。

ホウエン地方

センリ・ユウキ/ハルカ(親子)

登場シリーズセンリユウキハルカ
RSE、ORAS

センリはトウカシティのジムリーダーで、主人公の父親として登場する。

ちなみに、ゲーム本編冒頭では主人公家族がホウエン地方のミシロタウンに引っ越してくる描写からはじまるが、引越し前はジョウト地方に住んでいたことになっている。

ORASではさらに、センリがジョウト地方のミシロタウン在住だったことが明らかになった。

オダマキ・ユウキ/ハルカ(親子)

登場シリーズオダマキユウキハルカ
RSE、ORAS

主人公として選ばなかった方の性別がオダマキ博士の子どもとして登場する。

エメラルド版では、名前は登場しないが息子も登場する。

なおオダマキとセンリは学生時代からの友人。

ミクリ・ルチア(いとこ)

登場シリーズミクリルチア
RSE、ORAS

ミクリはホウエン地方のルネシティののジムリーダー。みずタイプのポケモンを使う。
ルチアはホウエン地方No.1コンテストアイドル。ORASで登場した。

ルチアはミクリの姪。ミクリはエメラルドではチャンピオンとして登場する。

ちなみに、ORASのシーキンセツでは、「ルチアににたおねえさん」が表紙になった雑誌が存在し、これがルチアの母=ミクリの姉であると匂わせられている。

ダイゴ・ムクゲ(親子)

登場シリーズダイゴムクゲ
RSE、ORAS

ツワブキ・ダイゴは珍しい石の収集が趣味の、高貴な身なりをした謎の青年。その正体は言わずとしれたホウエン地方のポケモンリーグチャンピオンであり、デボンコーポレーション社長の御曹司。

その親がツワブキ・ムクゲでデボンコーポレーション社長。元は、鉱山から石を切り出したり、砂鉄から鉄材を作るために設立したが、現在はポケナビや各種ボールの開発・販売、その他独自製品(デボンスコープ、デボンボンベ)などの開発・販売など手広く手掛けている。
ムクゲは同じくホウエン地方に住んでいるハギ老人とは古くからの友人。

ダイゴは石収集のため世界各国を旅しており、プラチナやBWの登場人物からでダイゴのエピソードを聞くことができる。

シンオウ地方

クロツグ・ジュン(親子)

登場シリーズクロツグジュン
DPPt、BDSP

ジュンは主人公のライバル。
クロツグはジョウト/シンオウバトルフロンティアのフロンティアブレーンの一人。バトルタワーのタワータイクーンとして登場する。

二人とも非常にせっかちな性格で、主人公によくぶつかってくる。

BDSPではダブルバトルの方でクロツグ・ジュンのタッグと対戦することができる。

ヒョウタ・トウガン・ちかおじさん(親子、親戚)

登場シリーズヒョウタトウガンちかおじさん
DPPt、BDSP

ヒョウタはクロガネシティのジムリーダーでいわタイプを使う。
トウガンはミオシティのジムリーダーではがねタイプを使う。

この二人は親子で、トウガンが父、ヒョウタが息子。

ちかおじさんはハクタイシティのポケモンセンターの隣に住んでいる人物で、「たんけんセット」をもらうことができる。たんけんセットを入手すると、ちかつうろ(DPPt)/地下大洞窟(BDSP)に潜ることができるようになる。

ナギサシティの女性から、トウガンとちかおじさんは親戚であり、ヒョウタと三人で有名な採掘者トリオだという話を聞くことができる。

イッシュ地方

アロエ・キダチ(夫婦)

登場シリーズアロエキダチ
BW、BW2

アロエはシッポウシティのジムリーダーでノーマルタイプ使い。シッポウはくぶつかんの館長も務めている。BWの2年後であるBW2ではジムリーダーを辞めている。

キダチはアロエの夫で、シッポウはくぶつかんの副館長を努めており、主人公が初めて博物館に訪れた際に中を案内してくれる。

ヤーコン・タロ(親子)

登場シリーズヤーコンタロ
BW、BW2
(タロ)SV 藍の円盤

ヤーコンはホドモエシティのジムリーダーでじめんタイプ使い。
タロはブルーベリー学園の四天王。

二人共ドリュウズを切り札ポケモンとして使ってくる。

ブルーベリー学園の部室でタロとネモの会話中に二人が親子であることが明らかになる。

カキツバタ・シャガ(孫)

登場シリーズシャガカキツバタ
BW、BW2
(カキツバタ)SV 藍の円盤

シャガはソウリュウシティのジムリーダーでドラゴンタイプ使い。
カキツバタはブルーベリー学園の元チャンピオン。

同じくドラゴン使いのハッサクが、ブルーベリー学園の部室において「孫のカキツバタは出席が悪く留年した」ことをシャガから聞いたと話している。

ちなみに、アイリスはシャガのもとで修行してるが、血縁関係はない。

兄弟はさらに

BW・BW2では兄弟のジムリーダーであるポーン・デット・コーン、BW2のライバルとして登場するヒュウと妹、サブウェイマスターのノボリ・クダリなど兄弟での登場が多い。

カロス地方

コルニ・コンコブル(孫)

登場シリーズコルニコンコンブル
XY

コルニはシャラジムのジムリーダーであり、メガシンカに必要なキーストーンを優秀なトレーナーへと渡す”継承者”としての一面もある。

コンコンブルはコルニの祖父で、メガシンカの第一人者。「メガシンカおやじ」とも呼ばれていて、キーストーン継承の場であるマスタータワーの一階でメガシンカについて解説してくれる。

フラダリ・AZの弟(子孫)

登場シリーズフラダリAZの弟
XY登場しない

AZは3000年前のカロス地方でおこった戦争を終わらせた人物。その際に使った兵器によって寿命がとてつもなく長くなってしまい、現在でもフラエッテを探している。

AZの弟は3000年前に亡くなっているが、その子孫がフラダリであることが作中で明らかになっている。

ウルップ・その家族

登場シリーズウルップ妻・二人の子供
XY登場しない

設定資料集に家族がいることが載っている。

アローラ地方

ハウ・ハラ

登場シリーズハウハラ
SM、USUM

ハウはSM、USUMにおけるライバルで主人公とともにしまめぐりに参加する。

ハラはメレメレ島のしまキングで、ハウの祖父。SMではアローラリーグの四天王にもなっている。

ルザミーネ・グラジオ・リーリエ

登場シリーズグラジオリーリエルザミーネ
SM、USUM

ルザミーネはグラジオ・リーリエの母で、エーテル財団の理事長を努めている。

兄のグラジオはスカル団の用心棒として登場するが、スカル団員として認められているわけではなく、本人としてもスカル団員という意識はない。
もともとはエーテル財団の会員であったが、会長である母親が暴走し始めたことに気づき、相棒のシルヴァディと共にエーテル財団から距離をおいた。

妹のリーリエはほしぐもちゃん(コスモッグ)と一緒に登場するが、ポケモントレーナーというわけではない。
主人公の冒険に帯同するような形になるがその道中でリーリエも成長していく姿がみられる。

リーリエはSMクリア後にカントー地方に旅立ち、グラジオはUSUMクリア後にカントー・ジョウト地方に修行に旅立つ。

作中では、ルザミーネの夫=グラジオとリーリエの父も登場する。
ポケリゾートの管理人であるモーンがその人。

エーテル財団の研究員として活動していた頃、モーンは初めてウルトラホールとウルトラビーストを発見するが、ストーリーの数年前にウルトラホールの研究・実験中に姿を消してしまっている。

エーテルパラダイスでは、モーンの研究に関する記述を確認することができる。

アニポケ新無印第111話では、リーリエ家族に関してのエピソードなので興味ある方はぜひ!

ガラル地方

ソニア・マグノリア

登場シリーズソニアマグノリア
剣盾

ソニアはダンデの同級生で一緒にジムチャレンジをしていた経験を持ち、作中で研究員→博士になる。

マグノリアはソニアの祖父でダイマックスについて研究している。もともとフィールドワークはソニアに任せていた。また、マグノリアは作中で博士を退き、ソニアに研究を引き継いでいる。

マクワ・メロン

登場シリーズマクワメロン
剣盾

マクワはソード版でのキルクスタウンのジムリーダーでいわタイプ使い。
メロンはマクワの母でシールド版でのキルクスタウンのジムリーダーでこおりタイプ使い。

ジムタイプの意見相違から不仲となっているが、メロンはマクワのファンクラブ会員No1である。

設定資料によるとマクワは5人兄妹の長男で妹と三つ子の弟がいる。

シャクヤ・ピオニー(ボタン)

登場シリーズシャクヤピオニーボタン
剣盾(エキスパンションパス)

エキスパンションパス第二弾「冠の雪原」において親子で登場。シャクヤはダイマックスアドベンチャーでNPCとしても登場する。

ピオニーがシャクヤにデレデレ溺愛という感じ。シャクヤも鬱陶しい素振りをするが、拒絶をしているわけではなく、親子関係は良好と言えるだろう。

なおピオニーの兄はローズであるため、ローズとシャクヤの関係はおじさんと姪。

ちなみに、スカーレット・バイオレットに登場するボタンもシャクヤの娘、つまりシャクヤとは姉妹であることがほぼ確定しているが、明言はされていない。

パルデア地方

ペパー・オーリム/フトゥー

登場シリーズペパーオーリムフトゥー
SV

スカーレットではペパーの母親としてオーリム、バイオレットではペパーの父親としてフトゥーが登場する。

オーリム、フトゥーはバージョン限定の登場人物で、二人が作中で会話ややりとりはない。

ゼイユ・スグリ、祖父母

登場シリーズゼイユスグリ
SV(DLC)

DLC「ゼロの秘宝」で登場する姉弟で、ゼイユが姉でスグリが弟。

キタカミの里出身でブルーベリー学園に在籍している。

ゼイユは自信過剰なのか見栄を張るタイプの性格で、スグリは内向的。

匂わせは他にも・・・

家族/親族関係は明言されてないがきっとそうだろう!というものも多く存在する。

Pokémon LEGENS アルセウスでは、祖先と思われる人物も大勢(というかほとんど?)登場する。

関連

過去作をプレイしたくなった方はこちら

歴代のライバルや悪の組織などはこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です